太陽光発電システムの仕組み

太陽光発電システムの仕組みを簡単に説明すると、要するに太陽の光で電気を作って、それを自宅や会社などで使い、余った電気は電力会社に買いとってもらうと言うものです。

もう少し詳しく説明すると、まず、ソーラーパネルという光エネルギーを電気エネルギーに変える事の出来るものを、太陽の光がよく当たる住宅の屋根やビルの屋上などに設置します。

光があたったソーラーパネルは光エネルギーを電気エネルギーに変えますが、実はここで作られた電気エネルギーは直流電流なので、交流電流を使っている一般家庭などではまだ使う事は出来ません。

その為、一旦パワーコンディショナーと言われる機械に直流電流を通して、家庭等で利用できる交流電流に変換する必要があります。

こうして変換された電気エネルギーを、家庭内や会社内などの電気を必要とする機器に利用すると言う訳です。

そして、もし、電気が余ったのなら、売電契約をしている電力会社が買い取ってくれるという仕組みになります。

少し注意しなければならないのが、電力会社と売電契約を結んでいなければ余剰電気を売る事は出来ないという事です。

これにつきましては、太陽光発電設置の際に取付業者の方からお話があると思いますので、その時に忘れずに契約手続きをしておきましょう。

サニーネットワークスと提携している太陽光発電業者がお見積りする金額は、補助金を受け取る事が出来る範囲内を上限として、算出させていただいております。

また、施工に関しましては、各ソーラーパネルメーカーが個々に実施している施工に関する講習を受講し、それぞれから正式に認定されている業者が設置工事を行います。

山口県内の太陽光発電の事は、サニーネットワークスにお任せ下さい!

お申し込みフォームはこちら