太陽光発電を導入した場合のメリットとデメリット

太陽光発電システムの導入前に、どのようなメリットやデメリットがあるのかを確認しておきましょう。

メリット

電気代が安くなる

太陽光発電で作られた電気を使うので、その分電力会社から電気を購入しなくても済み、結果的に電気代の支払いが少なくなります。

また、電力会社と売電契約を結ぶ事により、太陽光発電で作られた電気を売る事も出来ますので、場合によっては電気代が安くなるどころか収入につながる事もあります。

節電意識が高まる

普段何気に使っていた電化製品でも、売電が出来る事によって節電のメリットを感じ取りやすくなり、節電意識が高まります。

環境に優しい

現在、主な電力供給元となっている原子力発電や火力発電と言ったものと比べると、電気が作られる時に発せられるCO2の割合がとても少なくて済みます。

今の地球の深刻な環境問題を考えると、CO2排出量が削減できる太陽光発電システムは、今後も色々な場面で活かされる事でしょう。

電力会社に依存しなくて済む

今までは電気を買うのが当たり前だったのが、太陽光発電を導入すると発電する機器を所有する事になる為、もし、電力会社が無くなったとしても電気を作り出す事が出来ます。

停電時の非常用電源として使える

太陽光発電に蓄電機能はありませんが、ソーラーパネルに太陽光が当たる時間帯であれば、停電になったとしても自立運転で発電する事が可能です。

デメリット

導入費用が高い

年々導入費用は安くなっていますが、それでも1kWあたり50万円程度は必要となっています。

太陽光発電システムを長く使っていけば、いずれ元は取れる事になるのですが、初期投資としての金額はやはりまだ高いと言わざるを得ません。

雨漏りや屋根への負担

太陽電池モジュールを設置する際に、取付金具を屋根に固定する必要があるのですが、工事の仕方によってはこれが原因で雨漏りになってしまう場合があります。(※当サービスの提携業者は、雨漏り防止の工事方法を心得ています。)

また、老朽化した屋根に太陽電池モジュールを取り付けてしまうと、太陽電池モジュールの重みで屋根の痛みが増すと言う事も考えられます。(※当サービスの提携業者は、屋根の補強が出来る状態であれば、補強工事の方もご提案させていただいております。)

サニーネットワークスと提携している太陽光発電業者がお見積りする金額は、補助金を受け取る事が出来る範囲内を上限として、算出させていただいております。

また、施工に関しましては、各ソーラーパネルメーカーが個々に実施している施工に関する講習を受講し、それぞれから正式に認定されている業者が設置工事を行います。

山口県内の太陽光発電の事は、サニーネットワークスにお任せ下さい!

お申し込みフォームはこちら