ソーラーパネルの種類と特徴

屋根の上に乗るソーラーパネルは、通常は太陽電池と言います。

ソーラーパネルの方が感覚的に理解しやすいかもしれませんが、ここでは太陽電池として解説します。

太陽電池は大きく分けて2種類あり、それぞれを「シリコン型」「化合物型」と言います。

一般的に普及しているのはシリコン型の方で、太陽電池を生産しているほとんどのメーカーで取り扱われています。種類が豊富で、価格面や能力面で比較・選択できるのが特徴的です。

一方、化合物型の方は取り扱っているメーカーが少なく、今は種類もそれほど多くはありません。しかし、使われている素材がシリコンよりも手に入りやすいことなどから、将来が期待されます。

シリコン型 種類が豊富で、設置場所やコスト面から適切なものを選べる。
化合物型 太陽電池に使われている素材が手に入りやすい。

太陽電池は、基本的に高価な方が電気の変換効率が高くなり、発電量が多くなります。逆に、安価な方は変換効率が低くなる為、発電量が少なくなります。

シリコン型を例として挙げると、次のようになります。

低 ← コスト → 高

薄膜 多結晶 単結晶 HIT

低 ← 変換効率 → 高

長い目で見ると、変換効率が高い方が発電面や売電面などのメリットが大きくなるのですが、初期費用や将来性などを総合的に考えて、バランスの良い中間タイプの「単結晶シリコン型」や「多結晶シリコン型」を選ばれる方が多いです。

サニーネットワークスと提携している太陽光発電業者がお見積りする金額は、補助金を受け取る事が出来る範囲内を上限として、算出させていただいております。

また、施工に関しましては、各ソーラーパネルメーカーが個々に実施している施工に関する講習を受講し、それぞれから正式に認定されている業者が設置工事を行います。

山口県内の太陽光発電の事は、サニーネットワークスにお任せ下さい!

お申し込みフォームはこちら